貪欲に戯言をぬかそう

"Try to know something about everything, everything about something."
<<prev entry | main | next entry>>
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

起承転結

最近は生活を大きく変化させることがいくつかありました。
そのついでにここ数年を振り返ると、きれいに起承転結になっているようです。

一昨年は「起」でした。
新たな大学生活や活動など、始めることが多かった。

去年はまさにそれを受けての「承」でした。
延長線としての行動とそこからの広がりなど、たくさんのことが見えてきた。

そしていま「転」にいます。
生活は大なり小なり多くのことが変わろうとしています。
流されたくもない大河に流されながらも、開き直ってバタフライしながら流されている感じ。
溺れて「結」として水死体になっていないことを願います。



先日、僕が半年ほどいた中学の同級生と会いました。
何も面白みのない僕のことを10年近く経っても忘れないでいてくれることは、
あいかわらず幸せなことだと感じます。

それにしても昔話があんなに楽しいとは。
僕もついにそういう歳になってきたようです。

彼や自分を含めて周りには、岐路に立つ人が増えてきました。
それぞれがどのような選択をし、結果に至るのかは想像もできませんが、
ただこのときをも、こらえきれない笑いを生み出す昔話の一つになることを願います。
author: 猫八
戯言 | permalink | comments(4) | -
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
先日は有難う。そういえば、「人脈を超えた人脈」には今でも思い出し笑いをする。人脈の大切さは凄くよく分かるが…。

地下鉄の階段を下りながら、kanetsuki語ひとつと、言葉遊びに関するストライクな良い例を思いついたけど、後者は忘れてしまった。後者については、「ストライクゾーンを恰好の標的としていじめて楽しむよりグレーゾーンにあることを考え修行する方が高度だ」と考え直し、「どうでもいいや」と思ったから忘れたんだと思う。

前者は、「(散々いじった後、)…エキサイさんでくえ!」ってやつね。

そういえばmixiに猫八のことすこし書いたわ。
comment by: もらま | 2009/04/06 1:38 PM
>もらま

>人脈を〜
その話は勘弁してくれ笑
comment by: 猫八 | 2009/04/08 7:43 PM
障害者の性教育について調べてたら、産経新聞の社説?が出てきた。
http://sankei.jp.msn.com/life/education/090314/edc0903140337000-n1.htm
けっこう恐ろしくトンデモな臭いのする新聞だぜ(障害児教育ということに恐ろしく無知な、という意味で)。

猫八宅で少し新聞の話をしてから新聞というメディアに興味が涌いてきたよ。よく考えれば、みんな読んでるんだから社会的影響力は大だからね。
僕らにとっての新聞とは「キーワード拾い」以下であるべきかもね。
comment by: もらま | 2009/04/18 2:43 PM
>もらま

やはり新聞を書く記者は教養人であってほしいよね。
つまり丸山眞男の言葉を借りるなら『あらゆることについて何事かを知っており、何事かについてはあらゆることを知っている人』
しかし今の新聞を見る限りは、前者どころか後者すらあやしいような。

それ以上に社会的影響力のありそうなテレビなんかはもっとひどいけど笑
comment by: 猫八 | 2009/04/23 6:52 PM
Leave a comment: